スポンサードリンク

借金返済をカードローンで一本化?

借金返済を目的にカードローンを検討する…こういうお金の借り方もアリだと思います。
もともとカードローン自体が借金なわけですから、最初は「?」と感じるかたも少なくないかもしれません。
けれど、実際にその目的でカードローンを捜している人も多いのです。
そして、金融機関のほうも、そういう目的で「お金を借りる」人をターゲットにしたローン設定をしてきています。

債務の整理や一本化…よくいわれることですが、借入金が身動きできないほどふくらんでからでは、その手段もなかなかうまくいきません。
しかし、初期の「多重債務」の段階ならば、比較的簡単に債務一本化が可能なケースがあります。
借金返済目的のカードローンはそのなかでも最もハードルに低い手段だといえましょう。

借金を一本化したい?>一本化おまとめローンの一覧
過払い金請求・借金整理なら>実績豊富な司法書士の一覧

多くのカードローンの場合、金利は5%台から10%台。
もし、いくつかの金融機関からそれより高い金利で借りていた場合、借り換えるだけでも月々の支払いは楽になります。
さらに、それによって複数の借金を一本化できるのであればますます借金返済が楽になります。
カードローンということで、一般的に借り入れ限度額は10万円から100万円くらいですが、中には限度額が500万円という会社もあります。
その多くは銀行系だったり、比較的経営姿勢のしっかりした金融機関だと思われますので、今、高利で小口借金がいくつかあって困っているかたは、前向きに検討してよいのではないでしょうか。

やっぱり銀行系が安心?カードローンにこだわらなければさらに得は方法も。

借金返済目的に向いているカードローンをいくつか記述しておきます。

DCキャッシュワンはパソコンや電話などで申し込んでカードを発行してもらえ、初回よりの借入可能額が300万円。
実質年利12%から借入が可能。
三菱東京UFJ銀行グループということで、銀行系カードローンならではの低金利。

また、カードローンも含め、消費者金融、クレジットキャッシングなどで借金を重ねてしまった時の一本化については、以下のようなところが知られています。

まず、テレビなどで宣伝していて有名なのが東京スター銀行でしょうか。
「(借金)完済人をめざそう」
というCMで知られていると思いますが、その名が示すとおり、他社のカードローンやキャッシング、消費者金融での債務を一本化するための融資ローンです。
年利は10.5%から14.5%。
キャンペーンによっては年利が5.8%ということもあります。
返済期間は最長で7年間。
この東京スター銀行のホームページにある借金返済シミュレーションは「カードローン一本化」のためのシミュレーターとしては秀逸で、10カ所の借入残高と毎月の返済額を入力してボタンを押すと、それらを集計した一本化シミュレーションができます。

tokyosuter.jpg


また、オリックス信託銀行では金利5.9%から9.5%、最高700万円までの一本化ができます。
多くの銀行のサイトでは「借金返済シミュレーション」のコーナーがありますから、「崖っぷちだけど内緒に返したい」と思っても、安易に高利貸しにいかないように…きちんとシミュレーションして返済計画をたてましょう。


スポンサードリンク

【借金返済のコツ】Top >  基礎知識 借金返済 カードローン

基礎知識

過払い金

用語

法律

借金返済方法

サイト情報

スポンサードリンク

借金返済の情報サイト

meganeman.jpg


借金返済のコツ】 
借金の返済のためには計画は必須。「借金シミュレーション」や「関連用語」など、それに役立情報を1ページずつ手軽にまとめました。明るい借金返済のためのプチ・インテリジェンスサイトです。
サイトマップ   借金返済のコツ|Top