スポンサードリンク

過払い金返還にデメリットはないのか?

過払い金を返してもらうことは、当然の権利です。
むしろ、最近までこのような動きがなかったというのが不思議な位です。
しかしながら、返還を受けることによるデメリットがまったくないわけではないようです。デメリットもあることをしっかりと認識した上で、適切に行動を起こしたいものです。

過払い金の返還請求のため、弁護士や認定司法書士に依頼するのが一般的です。
そうなると、当然、弁護士費用がかかってきます。
相談料、着手金、成功報酬と、ばかにできない費用がかかり、デメリットの一つと数えられるでしょう。
過払い金の返還請求そのものは、弁護士に頼らなくても、自分一人でしようと思えばできます。
ただし、業者の方もその道のプロです。
あの手この手で、はぐらかそうとするかもしれません。
それにもめげず、見事、過払い金を獲得をするためには、強靭な交渉力に加え、法律に対する緻密な知識も要求されます。
時間も長引くことが大半で、これもやはりデメリットとして挙げられるでしょう。

過払い金返還の最大のデメリットは信用記録の改ざん?

しかし、デメリットの最たるものは、過払い金の返還を受けることで、信用情報機関にその情報が登録されるかもしれない、ということです。
いわゆるブラックリストになります。
あなたにとって「過払い金返還」は当然の権利ですが、金融会社からすれば、「事故」であり、「債務整理」の一種だという捉え方なのです。
これはあまり、気持ちのよいものではありません。
ブラックリストにのると、5年から7年位は新たな借り入れはできなくなります。
また、クレジットカードによるキャッシングができなくなり、新たにカードも作れなくなります。
恐ろしいのは、完済後の過払い金返還においても、「債務整理」扱いする業者がいることです。
これは、本来、あってはならないことですが、金融業者によってはそんな対応をするところもあると聞きます。
となると、やはり弁護士など、しかるべき有資格者の存在が頼りになります。
もし、ブラックリストに載ったとしても、「事故情報取り消し申立書」という手続きによって対処することができます。


スポンサードリンク

【借金返済のコツ】Top >  過払い金 過払い金返還のデメリット

基礎知識

過払い金

用語

法律

借金返済方法

サイト情報

スポンサードリンク

借金返済の情報サイト

meganeman.jpg


借金返済のコツ】 
借金の返済のためには計画は必須。「借金シミュレーション」や「関連用語」など、それに役立情報を1ページずつ手軽にまとめました。明るい借金返済のためのプチ・インテリジェンスサイトです。
サイトマップ   借金返済のコツ|Top