スポンサードリンク

過払い金の計算方法はグレー金利の理解から

過払い金を受け取る資格があるのなら、払い過ぎた金額に対して返還請求を起こすのは正当な権利です。
弁護士を立ててでも、もらえるものは是非もらうべきです。
請求を起こすとしても、その前に一体いくら戻ってくるのか自分で把握しておかないことには話になりません。
その計算方法といっても、何も高度な数学テクニックを要するものではありません。
お金を貸し付けるに当たっては、法的に利息に上限が設けられています。
利息制限法と呼ばれるもので、元本に応じて年率15%から20%以内と定められてはいるのですが、実際には出資法の存在を盾に、利息制限法の上限を上回る、年率29.2%までの利息が押し付けられていたのです。
これが、いわゆるグレーゾーン金利と呼ばれています。
そして、利息制限法の利率を上回る分が、過払い金に相当します。
つまり、計算方法としては、払い込んだ利息分を利息制限法の上限に引き直せば良いのです。

過払い金計算のために「取引履歴の開示請求」

計算方法を念頭に置いて計算するといっても、手元に借り入れの際の契約書や領収書があれば話は簡単なのですが、それがないケースもあるかもしれません。
そこで、過払い金の返還のために第1段階ですることは、業者に対して「取引履歴の開示請求」を起こすことです。
当局の許可を得て営業している業者であれば履歴が全て残っているはずなので、堂々と権利を主張すべきです。
実際にやってみれば分かりますが、計算方法は簡単とは言っても、結構手間のかかる作業で根気が要ります。
そうは言っても、過払い金を取り戻すための根拠を得るための大切な作業です。
自分でするのが面倒な場合は、過払い金返還を得意にしている弁護士や司法書士、法律事務所などに依頼するのも手です。
もちろんそれなりの費用はかかりますが、そういった計算から金融会社との交渉まで引き受けてくれます。



スポンサードリンク

【借金返済のコツ】Top >  過払い金 過払い金の計算方法

基礎知識

過払い金

用語

法律

借金返済方法

サイト情報

スポンサードリンク

借金返済の情報サイト

meganeman.jpg


借金返済のコツ】 
借金の返済のためには計画は必須。「借金シミュレーション」や「関連用語」など、それに役立情報を1ページずつ手軽にまとめました。明るい借金返済のためのプチ・インテリジェンスサイトです。
サイトマップ   借金返済のコツ|Top