スポンサードリンク

借金返済計画には適切なシミュレーションが必要。

借金返済とシミュレーション…シュミレーションという人もいますが、このふたつの関係は切っても切れない関係です。
それはどうしてでしょう?
まず、借金返済は無計画のままでは実現しづらいものです。
どんなに意志の強い人でも、長い期間にわたる返済中、なにがあるかわかりません。
きちんと自分が守れる無理のない返済計画をたて、一歩一歩履行することで完済に近づく道です。
そこで、無理のない現実的な計画をたてる必要があるわけですが、そんな時に必ず必要になるのがシミュレーションというわけです。

シミュレーション(くどいようですがシュミレーションという人もいます、ただ、正確にはこちらの表記です)とはそもそもどういう意味なのでしょうか。
ネット辞書によれば…

****************

シミュレーション【simulation】

1 ある現象を模擬的に現出すること。現実に想定される条件を取り入れて、実際に近い状況をつくり出すこと。模擬実験。「市場の開発を―する」「マーケティング―」

2 コンピューターなどを使用して模擬的に実験を行うこと。実験内容を数式模型によって組み立て、これをコンピューター処理することによって実際の場合と同じ結果を得ようとするもの。

****************

というふうに記述してあります。
つまりは
「現実にやってみるとどうなってしまうのか、実験したりすることで、時にコンピューターなどで計算して実験することもある」
…という感じになるでしょうか。

借金を一本化したい?>一本化おまとめローンの一覧
過払い金請求・借金整理なら>実績豊富な司法書士の一覧

さて、借金返済の場合、シミュレーションとは、
「いくらのお金を」
「いくらの利子で借りて」
「いつまでに何回払いで払うと」
「毎月の支払いがいくらになる」
といったことを計算してみることを指します。
こういう借金返済シミュレーションを幾通りか試してみて、最もうまくいきそうな返済計画をたてるわけです。

借金返済の月額金額などがわかる便利なローンシミュレーター。

自動車ローンなど、いわゆるローンとか月賦を使ってなにかを買った経験のある方ならご存じでしょう。
たいてい「ローン早見表」なる返済例の一覧表があって、それを見ながら「何回払いにしようか」などと考えるわけです。
「ローン早見表」には、「いくらの金額」を「何回払い」なら「月にいくらの支払い」になるかが一覧表にされています。
その表の数字は、あらかじめそのローン会社が設定している金利になっているので、いちいち電卓を叩かなくても一目瞭然。
ただ、金利が異なる他のローン会社のケースには使うことができません。

そこで最近では、便利なものが出てきました。
インターネットのサイト上で必要な数値を入れると自動的に計算してくれる「ローンシミュレーター」サイトです。
これは、SBIホールディングス株式会社という会社が運営しているサイト。
こんな感じです↓

simulation.jpg

このサイトでは…

「借り入れ希望額」
「返済期間(月単位)」
「ボーナス返済のする・しない」
「ボーナス返済する場合の返済総額」
「金利」
「返済方法=元利均等返済か元金均等返済か」
「返済開始年月」
などを入力、あとは「計算実行」を押せば計算してくれます。
一般の借り入れ返済額の計算だけでなく、「住宅ローンシミュレーター」というのもあり、そちらだと重油宅控除額なども試算してくれる優れものです。

もちろん電卓をたたいて自分で計算することもできますが、簡単にいろんばケースを計算できるので使ったほうが楽だと思います。


スポンサードリンク

【借金返済のコツ】Top >  基礎知識 借金返済シミュレーション

基礎知識

過払い金

用語

法律

借金返済方法

サイト情報

スポンサードリンク

借金返済の情報サイト

meganeman.jpg


借金返済のコツ】 
借金の返済のためには計画は必須。「借金シミュレーション」や「関連用語」など、それに役立情報を1ページずつ手軽にまとめました。明るい借金返済のためのプチ・インテリジェンスサイトです。
サイトマップ   借金返済のコツ|Top