スポンサードリンク

ゆとり返済(ステップ返済)は住宅金融公庫の住宅ローン

ゆとり返済…ステップ返済とも呼ばれる融資制度のこと。
今は民営化された住宅金融公庫が考案した住宅ローン制度で、最初の5年間の返済額を抑える返済方法が特徴。
最初の5年間の返済額を抑えて、そのかわりその期間がすぎたら返済額が階段のようにアップすることから「ステップ返済」とも言われます。
当初は、月々の支払額が低く抑えられるので、あるレベルの人にとってはローン返済のスタートがとても楽になるわけです。
そして、将来は昇進して給料が上がるというようなことになれば、すべてオッケーというわけです。

ただ、このゆとり返済、返済総額が低く抑えられるわけではありません。
当初、低く抑えた分は後から上乗せされているのです。
ですから、当初数年の支払額にごまかされて多額のローンを抱えてしまっては、あとで困ったことになります。


借金を一本化したい?>一本化おまとめローンの一覧
過払い金請求・借金整理なら>実績豊富な司法書士の一覧


さて、この「ゆとり返済=ステップ返済」の住宅ローン取り扱いが終了したのが2000年の4月。
ですから、この住宅ローン制度を使った人たちはすでに「ステップ」しているわけです。
また、住宅金融公庫が取り扱いをやめた後でも民間のローンでは同様の仕組みを採用しているケースもあり、ここへきて、いろいろと話題になるようになりました。

インフレ前提のゆとり返済で住宅ローン破綻も

たとえば1000万円の25年返済、金利3パーセントで住宅ローンを組んだとします。
普通に計算すると毎月の返済額は47,420円といったところ。
そして、ゆとり返済で借りた場合は、最初の5年回の毎月の返済額は32,190円になります。
「おお、これは安い!」
というのもぬか喜び。
6年目からは、毎月の返済額は52,880円にステップアップというわけです。

この計算の場合だと増加率はなんと164%。
5年かかってお給料もそのくらいあがっていればよいですが、そうでない人もたくさんいるでしょう。
まして、今の時勢の場合、残業代が減って「以前よりも給料は実質ダウン」という人も多いのでは。
そんなタイミングで、月々の支払いが1.6倍にもなってはたいへんです。
ゆとり返済による「住宅ローン破綻」…これが実にリアルな問題として浮上してきており、「ゆとり返済は、日本版のサブプライムローンではないか」という声もしきりです。

manshion.jpg

もともとゆとり返済は、インフレを前提としていた住宅ローン制度。

-------------------------------------------
・不動産価格や地価はどんどん上がり続ける。
・給料もどんどん上がり続ける。
・会社がつぶれたり、会社を首になったりしない。
--------------------------------------------

こういったことが前提でシュミレーションされているわけで、今、時代はすでにこの前提が崩れています。
そして、問題なのは、この「ゆとり返済が原因のローン破綻」がアメリカのサブプライムのように連鎖的に生じた場合、そうとう大規模な経済的危機を引き起こすのではないかということです。

今、もしそういったローンを持っているのであれば、自衛策はひとつです。
それは「借り換え」です。
できれば金利の低い、それも固定金利のローンなどに借り換えたいところです。


スポンサードリンク

【借金返済のコツ】Top >  基礎知識 ゆとり返済と住宅ローン破綻

基礎知識

過払い金

用語

法律

借金返済方法

サイト情報

スポンサードリンク

借金返済の情報サイト

meganeman.jpg


借金返済のコツ】 
借金の返済のためには計画は必須。「借金シミュレーション」や「関連用語」など、それに役立情報を1ページずつ手軽にまとめました。明るい借金返済のためのプチ・インテリジェンスサイトです。
サイトマップ   借金返済のコツ|Top